亡命目的で来日か “失踪”ガルシアに利用された巨人の痛恨

公開日: 更新日:

■職員に暴力未遂事件

「足は速いし肩も強い。守れる外野手でした。三振は多くても、スイングスピードは速いし、打撃も悪くなかった」

 続けて、「でも……」と声を潜めて、こう明かす。

「実は問題を起こしたんです。日本式に適応できなかった。例えば試合前の練習でも日本はみっちりやるでしょう。それがイヤだと反発した。海外事情に詳しい三軍の後藤外野守備走塁コーチは扱いがうまく、『これだけ練習したら、あとは日陰で休んでていいから』となだめすかして操縦していたものの、球団方針が『特別扱いしない』だから、後藤コーチだって毎回はかばってくれない。そもそも、最初は寮に入ったけど、どうしても馴染めずに寮を飛び出し、特別に許可を得てホテル暮らしをしていた。それでもガルシアのストレスはたまる一方だったでしょう。そんな時、ガルシアは注意をされた通訳に殴りかかろうとしたんです。先月末の足の故障が治り、三軍戦で復帰するはずだった矢先の出来事で、さすがに暴行未遂事件を起こしては解雇されても仕方ない。ただ、実力はあった。有望株だったから残念というのが現場の意見です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る