亡命目的で来日か “失踪”ガルシアに利用された巨人の痛恨

公開日: 更新日:

 ガルシアは8歳年上の兄も11年に亡命。現在はブレーブスでプレーしている。最初からそのつもりだった疑念は拭えないのだ。

 だとすれば、亡命に利用された巨人にとっては痛恨だ。第1号のセペダに始まり、人材の宝庫といわれるキューバとのパイプづくりを重視し、やっとの思いで良好な関係を築いてきた。そんなキューバの若手有望株が日本からの帰路の途中で亡命した衝撃は大きい。今後、キューバと巨人の“国交”が断絶する恐れもある。

 23日の首位攻防戦はサヨナラ勝ちで広島とのゲーム差を7に縮めた巨人だが、ガルシア失踪事件は今後のチーム強化に暗い影を落としそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  8. 8

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  9. 9

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  10. 10

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

もっと見る