• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪1次L敗退の手倉森氏に「鹿島監督」就任内定情報

 リオ五輪で男子サッカー代表は1次リーグで敗退。采配を振った手倉森誠監督(48)も選手も「絶対にメダルを持ち帰る」と大言壮語していた分、さすがに帰国した時は、バツが悪そうだった。もっとも監督としての評判は悪くない。

「選手は谷間の世代と言われてJ1のレギュラー級も少なく、本大会直前にはエースFW久保が所属リーグのチーム事情で招集できなくなった。それでも健闘したことでサッカー界での評価は高値安定です」(サッカー協会関係者)

 今後の去就については「日本代表コーチとしてハリルホジッチ監督の補佐を務める」と言われていたが、ここにきて「鹿島監督就任が内定した」という情報が駆け巡っている。

■フレンドリーな性格と東北人脈

「15年7月、クラブOBの石井正忠(49)が監督に就任。その年のナビスコ杯を制し、今季Jの前期優勝で名将の仲間入りを果たした。ところが選手の取りまとめ役のMF小笠原満男(37)、あとGK曽ケ端準(37)、MF柴崎岳(24)といった主力組との折り合いが悪く、チームの雰囲気は最悪です。20日のホーム湘南戦では、後半25分にベンチに下げられたFW金崎夢生(27)が、ベンチ前で石井監督が握手しようと差し出した手を振り払った後、顔を近づけて声を荒らげる事件が勃発した。クラブ幹部は石井監督では選手をコントロールできないと判断して、手倉森監督に監督就任を打診したと聞いている」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る