• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ五輪1次L敗退の手倉森氏に「鹿島監督」就任内定情報

 リオ五輪で男子サッカー代表は1次リーグで敗退。采配を振った手倉森誠監督(48)も選手も「絶対にメダルを持ち帰る」と大言壮語していた分、さすがに帰国した時は、バツが悪そうだった。もっとも監督としての評判は悪くない。

「選手は谷間の世代と言われてJ1のレギュラー級も少なく、本大会直前にはエースFW久保が所属リーグのチーム事情で招集できなくなった。それでも健闘したことでサッカー界での評価は高値安定です」(サッカー協会関係者)

 今後の去就については「日本代表コーチとしてハリルホジッチ監督の補佐を務める」と言われていたが、ここにきて「鹿島監督就任が内定した」という情報が駆け巡っている。

■フレンドリーな性格と東北人脈

「15年7月、クラブOBの石井正忠(49)が監督に就任。その年のナビスコ杯を制し、今季Jの前期優勝で名将の仲間入りを果たした。ところが選手の取りまとめ役のMF小笠原満男(37)、あとGK曽ケ端準(37)、MF柴崎岳(24)といった主力組との折り合いが悪く、チームの雰囲気は最悪です。20日のホーム湘南戦では、後半25分にベンチに下げられたFW金崎夢生(27)が、ベンチ前で石井監督が握手しようと差し出した手を振り払った後、顔を近づけて声を荒らげる事件が勃発した。クラブ幹部は石井監督では選手をコントロールできないと判断して、手倉森監督に監督就任を打診したと聞いている」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る