“甲子園やくざ監督”と青学陸上部・原晋監督との意外な仲

公開日:

 青山学院大陸上部の原晋監督(49)。大学駅伝界をリードし、陸上界の改革のために「出過ぎた杭は打たれない」をモットーに大胆提言を行っている。島根・開星高野球部元監督の野々村直通氏(64)。10年センバツで21世紀枠出場校に負けて「末代までの恥」「腹を切って死にたい」と話して物議をかもし、翌日の謝罪会見にド派手な服装で現れて騒ぎを大きくした。この2人には「弱小チームを強くして全国で勝負した」「旧態依然とした組織を良くするために声を上げた」「何を言われてもブレずに信念を貫く」という共通項がある。現在、松江市内でギャラリーを開いている野々村氏を直撃した。

■出雲駅伝前日に酒を酌み交わす

――原監督との出会いを教えて下さい。

「広島・府中東高に美術教師として奉職し、野球部監督として79年センバツに出場した。エースで4番だった片岡光宏(79年ドラフト1位で広島入団)が、引退後に宮崎市内で広島風お好み焼き屋『かたおか』をオープン。店にお邪魔した際に『広島出身の原監督にヒイキにしていただいています。今度ぜひ紹介させて下さい』と言われて引き合わせてくれた。原監督の第一印象? 野球界の指導者と違い、立ち居振る舞いがスマートだなぁ~と思ったね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る