ブダペストが24年五輪招致辞退へ ロスとパリの一騎打ちに

公開日: 更新日:

 五輪招致レースから、また脱落である。

 ハンガリー・ブダペストが立候補していた24年夏季五輪開催を辞退することが明らかになった。複数の欧州メディアが22日(日本時間23日)に伝えた。

 政府スポークスマンによれば、すでにオルバーン首相、ブダペストのタルロス市長、同国オリンピック委員会の3者が辞退することで合意しているという。これで24年夏季五輪招致レースは米国・ロサンゼルス、フランス・パリの一騎打ちとなる。

 24年夏季五輪開催に当初は10都市以上が立候補を表明。いずれも莫大な開催費用負担に地元住民が反対し、立候補を取り下げる都市が続出した。6都市が名乗りを上げた米国では、一度はマサチューセッツ州ボストンに一本化したが、財政上の理由からカリフォルニア州ロサンゼルスに変更した。

 なお、24年の開催都市は今年9月にペルー・リマで行われるIOC(国際オリンピック委員会)総会で決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る