独立リーグで高知入り ラミレスは今回は3カ月持つか?

公開日: 更新日:

「野球が好き。日本で十分プレーできるところをしっかり見せたい」と言ったのは、メジャー通算555本塁打のマニー・ラミレス外野手(44)。4月から、プロ野球独立リーグ、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグス(FD)でプレーするため7日、ジュリアナ夫人(37)と来日した。

 インディアンス時代の99年に打点王、レッドソックスでは02年首位打者、04年本塁打王と、輝かしい実績があり、レッドソックスでは2度のワールドシリーズ制覇に貢献した。その一方で、11年には薬物違反で100試合の出場停止処分を受けたこともある。13年には台湾の義大に入団したが、ホームシックにより3カ月で帰国した「前科」がある。

 高知FDのホームタウンは宿舎と練習場がある高岡郡の佐川町と越知町だ。佐川町にある3階建ての合宿所は、元JRの社宅。まさかラミレス夫婦がそこで生活するわけもないから、練習日には、おそらく高知市内のホテルから通うことになるのだろう。市内から球場まで往復で70キロぐらいある。練習開始が午前10時なら渋滞も考慮して8時前にはホテルを出なければならない。グラウンドには芝がなく、金持ちの外国人だから食事も苦労する。資金難の独立リーグだけに、厳しい環境の中でやっていかなければならない。

 高知の酒場では、「ラミレスは何カ月で日本を脱出するか?」という賭けが行われているともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る