世界選手権で躍進 “柔道復活”の秘密と世界連盟の嫌がらせ

公開日:

「団体戦は全く危なげない試合で、日本の圧勝といえる。個人戦と合わせて8つの金メダルを獲得し、日本の活躍だけが目立った大会だった。2020年の東京五輪に向けて、日本柔道の可能性を広げてくれた」

 メダルラッシュに沸いた柔道の世界選手権(ブダペスト)。最終日の日本時間4日に行われた男女混合団体戦の決勝でもブラジルを6―0と圧倒し、全日本柔道連盟の山下泰裕会長は破顔一笑で胸を張ってみせた。

 個人戦では男女計14階級で金メダル7個、銀メダル4個、銅メダル1個を量産。特に男女混合団体戦は、山下会長自ら20年東京五輪での採用を提案し、「1億円を超える入場料収入が入る」とIOCに掛け合って実施にこぎつけた肝いりの種目だけに、日本が「世界選手権初代王者」の称号を手にして笑いが止まらなかった。

 日本柔道は12年のロンドン五輪で、金メダルが女子57キロ級の松本薫だけに終わる惨敗(銀3、銅3)。特に男子は五輪史上初となる優勝ゼロという屈辱にまみれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る