他球団からは冷めた声 中日ゲレーロに急転「残留」浮上

公開日: 更新日:

「希望しているような条件は得られないだろう」

 さる球団の編成担当がこう言うのは中日のゲレーロ(30)のことだ。今季35本塁打でセの本塁打王を獲得。帰国の際に、「希望は3年以上」と強気に言い放って帰国した大砲助っ人について、この編成担当が続ける。

「当初は中日とは条件が折り合わず退団必至、他球団は5億、6億円の条件を用意しているとの話があった。しかし3年契約どころか、年俸はせいぜい3億円程度に落ち着くのではないか。獲得調査を進める巨人、阪神、ソフトバンクが大金を出してでも取りたい、という考えではなくなっているそうだからね」

 ゲレーロを巡っては、「ベルト付近の高めの速い球を得意としていない。徹底的に研究される来季は確実に打てるとは限らない」(某球団スコアラー)との声があり、さらには自ら希望条件を口にし、「野球はビジネス」と公言する言動が「カネにうるさいというイメージに結びついてしまっている」(前出の編成担当)ともいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る