他球団からは冷めた声 中日ゲレーロに急転「残留」浮上

公開日:

「希望しているような条件は得られないだろう」

 さる球団の編成担当がこう言うのは中日のゲレーロ(30)のことだ。今季35本塁打でセの本塁打王を獲得。帰国の際に、「希望は3年以上」と強気に言い放って帰国した大砲助っ人について、この編成担当が続ける。

「当初は中日とは条件が折り合わず退団必至、他球団は5億、6億円の条件を用意しているとの話があった。しかし3年契約どころか、年俸はせいぜい3億円程度に落ち着くのではないか。獲得調査を進める巨人、阪神、ソフトバンクが大金を出してでも取りたい、という考えではなくなっているそうだからね」

 ゲレーロを巡っては、「ベルト付近の高めの速い球を得意としていない。徹底的に研究される来季は確実に打てるとは限らない」(某球団スコアラー)との声があり、さらには自ら希望条件を口にし、「野球はビジネス」と公言する言動が「カネにうるさいというイメージに結びついてしまっている」(前出の編成担当)ともいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る