他球団からは冷めた声 中日ゲレーロに急転「残留」浮上

公開日: 更新日:

「希望しているような条件は得られないだろう」

 さる球団の編成担当がこう言うのは中日のゲレーロ(30)のことだ。今季35本塁打でセの本塁打王を獲得。帰国の際に、「希望は3年以上」と強気に言い放って帰国した大砲助っ人について、この編成担当が続ける。

「当初は中日とは条件が折り合わず退団必至、他球団は5億、6億円の条件を用意しているとの話があった。しかし3年契約どころか、年俸はせいぜい3億円程度に落ち着くのではないか。獲得調査を進める巨人阪神ソフトバンクが大金を出してでも取りたい、という考えではなくなっているそうだからね」

 ゲレーロを巡っては、「ベルト付近の高めの速い球を得意としていない。徹底的に研究される来季は確実に打てるとは限らない」(某球団スコアラー)との声があり、さらには自ら希望条件を口にし、「野球はビジネス」と公言する言動が「カネにうるさいというイメージに結びついてしまっている」(前出の編成担当)ともいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る