山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

見逃し三振OK? 西武“山賊打線”の精神的ゆとりが羨ましい

公開日: 更新日:

 よって、そんな阪神を追いかけてきた私にとって、西武の山賊打線とは羨望の的なのである。なんでも、ある関係者から聞いた話によると、西武は「見逃し三振OK」という方針で若手打者を育成しているのだとか。

 もしこれが事実なら、なるほど画期的なことかもしれない。普通、打撃の基本とはバットを積極的に振ることだとされているため、その対極にあたる見逃し三振はご法度のはずだ。しかし、よく考えると積極性を推奨しているからこそ打者は時にボール球に手を出したり難しいコースに食らいついたりして、凡打に倒れるどころか、フォームを崩すことにもつながってしまう。つまり、積極性とは悪球打ちと表裏一体しているわけだ。

 その一方で、見逃し三振をOKにすると打者は好球必打に徹するようになる。確かに打撃の基本はバットを振ることかもしれないが、そこには甘いコースを見極めて振るという大前提があることを忘れてはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る