• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日笠原ようやく今季初勝利 同期に隠れたドラ4左腕の苦労

 お立ち台でまさかのヤジが飛んだ。

 24日、中日の笠原祥太郎(23)がDeNA戦に先発し、6回3失点で今季初勝利。「やっと勝てて良かった。最初は余裕なく行っていたんですけど……」と話し始めると、スタンドから「声が小さい!」。本人は恥ずかしそうに苦笑いである。

 今季9回目の先発登板。3度にわたって不運にも勝ち星の権利が消えていた。4月、6回1失点でマウンドを降りるも、2番手の又吉が炎上して勝ちが消滅。6月には2点リードを守って7回無失点で降板した直後、岩瀬が2点を失った。今月9日には五回に同点のまま2失点で代打を送られると、その代打・荒木が勝ち越し2ラン。勝利の権利を手にするも、逆転負けを喫した。

「9度目の正直」となった笠原の野球人生は、プロ入り前からスターの陰に隠れていた。新潟医療福祉大4年のとき、大学日米野球選手権の合宿に招集されながらメンバー入りはかなわず、日の丸のユニホームを着ることはできなかった。ジャージー姿でチームに帯同し、与えられた役目は「球拾い」。一方、試合ではのちにチームメートとなる柳裕也(当時、明大)が大会MVPに輝き、京田陽太(当時、日大)も決勝打を放つなど大活躍を見せていた。

 小さい声は自信のなさの表れだろう。投手陣から「いつも自信がなさそうに投げる」と心配されることも。野手で同期の京田からは「もっとテンポ良く投げろ」と言われる始末だった。慣れないお立ち台で、最後は懸命に声を張った左腕。チーム88試合目でようやくスタートを切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る