中日新助っ人獲得に動き “ドミニカ人秘密兵器”にセが警戒

公開日:

 セ・リーグの5位に甘んじる中日が新外国人の獲得に動いている。

 球団の総帥、白井文吾オーナー(90)がポロリと漏らしたところによれば、狙っているのは「ドミニカ人」で「年齢20代の若手」。投手なのか、打者なのか。それすら判然としないものの、森繁和監督(63)が数年前から独自に調査を続け、改めて「こいつはいける」と球団に獲得を要請した逸材なのだという。

「交渉は大詰めで正式契約が間近という話ですよね。この時期に日本にやってくる外国人は、まず当たらない。でも、中日だけは別。新助っ人がドミニカ人というなら、マルティネスと森監督のラインでしょう。西武、巨人で活躍し、『マルちゃん』の愛称で親しまれたマルティネスは母国のドミニカ球界の顔役のひとり。その線でドミニカと太いパイプをつくった森監督には、優先的にいい選手が供給されるルートができている。2人のラインで外れた助っ人の方が少ないですからね」(セ球団渉外担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る