中日新助っ人獲得に動き “ドミニカ人秘密兵器”にセが警戒

公開日: 更新日:

 セ・リーグの5位に甘んじる中日が新外国人の獲得に動いている。

 球団の総帥、白井文吾オーナー(90)がポロリと漏らしたところによれば、狙っているのは「ドミニカ人」で「年齢20代の若手」。投手なのか、打者なのか。それすら判然としないものの、森繁和監督(63)が数年前から独自に調査を続け、改めて「こいつはいける」と球団に獲得を要請した逸材なのだという。

「交渉は大詰めで正式契約が間近という話ですよね。この時期に日本にやってくる外国人は、まず当たらない。でも、中日だけは別。新助っ人がドミニカ人というなら、マルティネスと森監督のラインでしょう。西武、巨人で活躍し、『マルちゃん』の愛称で親しまれたマルティネスは母国のドミニカ球界の顔役のひとり。その線でドミニカと太いパイプをつくった森監督には、優先的にいい選手が供給されるルートができている。2人のラインで外れた助っ人の方が少ないですからね」(セ球団渉外担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る