中日新助っ人獲得に動き “ドミニカ人秘密兵器”にセが警戒

公開日:

 セ・リーグの5位に甘んじる中日が新外国人の獲得に動いている。

 球団の総帥、白井文吾オーナー(90)がポロリと漏らしたところによれば、狙っているのは「ドミニカ人」で「年齢20代の若手」。投手なのか、打者なのか。それすら判然としないものの、森繁和監督(63)が数年前から独自に調査を続け、改めて「こいつはいける」と球団に獲得を要請した逸材なのだという。

「交渉は大詰めで正式契約が間近という話ですよね。この時期に日本にやってくる外国人は、まず当たらない。でも、中日だけは別。新助っ人がドミニカ人というなら、マルティネスと森監督のラインでしょう。西武、巨人で活躍し、『マルちゃん』の愛称で親しまれたマルティネスは母国のドミニカ球界の顔役のひとり。その線でドミニカと太いパイプをつくった森監督には、優先的にいい選手が供給されるルートができている。2人のラインで外れた助っ人の方が少ないですからね」(セ球団渉外担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る