ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

公開日: 更新日:

 阪神と最下位争いを繰り広げるDeNAは残り15試合を借金10で迎えた。3位の巨人とは1.5ゲーム差。4チームが借金生活で3位でのCS進出は射程圏内だが、打率(.252)、防御率(4.42)、得点(511)はリーグワースト。今季限りで契約が切れるラミレス監督の首筋も寒くなってきた。

 さる12日、南場オーナーは「何か申し上げることでザワつかせたくない」と去就に関して明言を避けたものの、チーム周辺ではすでに複数の次期監督候補の名前が取り沙汰されている。

 ここにきて「横浜回帰」の色を強めている球団は、昨オフに横浜スタジアム竣工40年を記念してレジェンドマッチを開催。往年の大洋・横浜OBに、日本一を果たした98年メンバーの三浦大輔、「大魔神」佐々木主浩、谷繁元信、佐伯貴弘らを集めて試合を行った。今年6月には谷繁と鈴木尚典が試合前にトークショーを行い、今月は三浦、谷繁、佐伯の3人が電車内でのイベントに参加した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る