村上茉愛に五輪“金”の期待 絶対女王超えに必要な出来栄え

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪での金メダル取りの期待が高まった。

 1日の体操世界選手権女子個人総合で、村上茉愛(22)が日本勢で初の銀メダルを獲得。跳馬と平均台で、リオ五輪金メダルのシモーン・バイルス(21=米国)の得点を上回り、ライバルに最後までプレッシャーをかけ続けた。

 絶対女王に4種目合計で2点近い差を付けられたとはいえ、十分に射程圏内。リオ五輪後のルール改正で、採点基準は男女とも技の難度よりも、美しさなどの出来栄えが重視されているからだ。

 女王バイルスは鍛え上げられた肉体と天性のバネを生かした演技が持ち味。男子も顔負けの力強い演技を披露するが、現行の採点基準では評価されにくい。国際体操連盟では来季に向け、今以上に出来栄えに重点を置いたルールに変更する可能性もあるだけに、村上にも女王超えのチャンスは十分にある。

 村上が得意とする床は振り付けも採点基準に盛り込まれており、女性らしさを意識した演技構成を取り入れれば、審判の高評価を得られる。今後、技の精度を高めると同時に、出来栄えを磨けば、バイルスと互角以上に渡り合うのも不可能ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る