村上茉愛に五輪“金”の期待 絶対女王超えに必要な出来栄え

公開日:  更新日:

 2020年東京五輪での金メダル取りの期待が高まった。

 1日の体操世界選手権女子個人総合で、村上茉愛(22)が日本勢で初の銀メダルを獲得。跳馬と平均台で、リオ五輪金メダルのシモーン・バイルス(21=米国)の得点を上回り、ライバルに最後までプレッシャーをかけ続けた。

 絶対女王に4種目合計で2点近い差を付けられたとはいえ、十分に射程圏内。リオ五輪後のルール改正で、採点基準は男女とも技の難度よりも、美しさなどの出来栄えが重視されているからだ。

 女王バイルスは鍛え上げられた肉体と天性のバネを生かした演技が持ち味。男子も顔負けの力強い演技を披露するが、現行の採点基準では評価されにくい。国際体操連盟では来季に向け、今以上に出来栄えに重点を置いたルールに変更する可能性もあるだけに、村上にも女王超えのチャンスは十分にある。

 村上が得意とする床は振り付けも採点基準に盛り込まれており、女性らしさを意識した演技構成を取り入れれば、審判の高評価を得られる。今後、技の精度を高めると同時に、出来栄えを磨けば、バイルスと互角以上に渡り合うのも不可能ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る