村上茉愛に五輪“金”の期待 絶対女王超えに必要な出来栄え

公開日:  更新日:

 2020年東京五輪での金メダル取りの期待が高まった。

 1日の体操世界選手権女子個人総合で、村上茉愛(22)が日本勢で初の銀メダルを獲得。跳馬と平均台で、リオ五輪金メダルのシモーン・バイルス(21=米国)の得点を上回り、ライバルに最後までプレッシャーをかけ続けた。

 絶対女王に4種目合計で2点近い差を付けられたとはいえ、十分に射程圏内。リオ五輪後のルール改正で、採点基準は男女とも技の難度よりも、美しさなどの出来栄えが重視されているからだ。

 女王バイルスは鍛え上げられた肉体と天性のバネを生かした演技が持ち味。男子も顔負けの力強い演技を披露するが、現行の採点基準では評価されにくい。国際体操連盟では来季に向け、今以上に出来栄えに重点を置いたルールに変更する可能性もあるだけに、村上にも女王超えのチャンスは十分にある。

 村上が得意とする床は振り付けも採点基準に盛り込まれており、女性らしさを意識した演技構成を取り入れれば、審判の高評価を得られる。今後、技の精度を高めると同時に、出来栄えを磨けば、バイルスと互角以上に渡り合うのも不可能ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る