「中継カメラを利用しろ」箱根5区の攻略法を現役監督伝授

公開日: 更新日:

【奈良修・大東文化大陸上部監督】

 箱根5区に限ったことではありませんが、私が学生に言うのは、沿道の声援とテレビの中継カメラを利用しろということです。

 5区には走者がキツいと感じる所々に、モチベーションが高まるポイントがあります。3キロすぎの箱根湯本駅周辺には、応援の人垣ができています。呼吸が乱れ始めた7.6キロ付近の大平台バス停で気持ちを高めます。11.8キロ地点の小涌園には中継局のテレビカメラが設置されているため、自分を奮い立たせて頂上を目指す。苦しい所で応援されたり、テレビカメラがあるので、「いいところを見せよう」「頑張ろう」という気になるものです。

 コースを攻略する上で重要なのは、ペース配分はもちろん、山を登る途中にある平坦な場所での走り方です。多くの走者は上りから平坦部に差し掛かると、呼吸を整えるためペースダウンするもの。私は次の上り坂に向かうための助走と位置付け、平らな所では、むしろ加速していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る