スカウト絶賛の大船渡・佐々木朗希“メジャー強奪”に現実味

公開日: 更新日:

 入学から2年で大きな成長曲線を描いた。これから最後の夏に向けて、周囲はさらにヒートアップする。心に秘める夢が一気に膨らむ可能性もあるのだ。

 東北地方の高校野球関係者もこう言う。

「菊池雄星も大谷翔平も、高校から直接メジャーを目指し、面談も行った。結果的に日本のプロ野球を経た上でメジャー挑戦しましたが、佐々木が日本球界を飛び越えてメジャー挑戦するなら、17年秋に大船渡の監督に就任した国保監督がキーマンになるでしょう。国保監督は佐々木を無理に使うことなく大事に育て、技術的な部分はほとんど触っていない。可能性を大切にする監督です。自身もかつて米独立リーグでプレー経験があり、日本のプロ野球より米国の野球が身近にあった。メジャーに対する理解もある。日本と比べて米国は過酷な環境ですが、メジャーが攻勢をかければ佐々木の米球界挑戦の突破口になる可能性もあります」

 今後の展開次第で、佐々木が進路を「メジャー一本」に絞る可能性もあるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  6. 6

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  7. 7

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る