片野寛理
著者のコラム一覧
片野寛理サッカー選手

1982年生まれ、千葉県船橋市出身。DF。順天堂大サッカー部からJFLの栃木、佐川印刷を経てJ3北九州。2011年からタイを拠点にオソサパ、香港・流浪足球会などを渡り歩き、今季はシーサケットFCでプレー。日本語・英語・タイ語を操る。

僕の月給は日本の会社員の部長クラス 600万円もらう選手も

公開日: 更新日:

 国が違えば文化も違う。また大都市と農村部では世界が異なる。タイでプロサッカー選手として生きる彼に、タイの生活ならではの<タイあるある>を聞いた。

 ――タイのサッカー選手の一日は、どんなスケジュールなのですか?

「2部練習の日は午前5時に起床。6時に家を出発して7時からの午前練習(1時間30分)をこなします。9時30分すぎから朝食を取った後、チーム提携の治療院で体のケアを2時間ばかり。その後に昼食と休息を取って16時30分からの午後練習(2時間)へ。20時すぎから夕食を取って帰宅して23時前後に就寝する感じです」

 ――住んでいるシーサケットは、どんな所なのですか?

「ショッピングモールはありますが、デパートはありません。知る限りでは日本食レストランは1店舗のみ。ただ、タイってカフェ文化がしっかりしているので気の利いたカフェが(ここにも)多いんです。なので気分転換によく行きます。それと地元民の気質がいいんですよ。先日、よく行くタイ屋台のオバちゃんに持ち帰り用の弁当を頼んでおいたんですが、自己紹介なんてしたことがなかったのに『KATA』って弁当に名前が書いてあって。ビックリしたけど地元チームでサッカーをやっている日本人選手を知っていてくれたことが、純粋にうれしくてうれしくて……。そんな感じの人情味あふれるすてきな田舎町です(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る