永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

W杯前最後の強化試合 南ア戦は試合も運営も惨敗だった

公開日: 更新日:

 20日のW杯開幕が近づくにつれて、日本代表への応援が盛り上がっている。6日に熊谷ラグビー場で行われた日本対南アフリカのテストマッチには、2万2000人を超える観客が詰めかけ、応援に声をからした。

 シャトルバスが到着するバックスタンド側では、最高気温が35度と予想された熊谷にキックオフの4時間以上前から入った観客が、到着早々W杯本番に向けたテストとして行われた手荷物検査に長蛇の列をつくった。熱中症対策で場内には給水所が設けられ、生ぬるい水が無料で配られたが、そこにたどり着く前に1時間近く延々と並ばされたのだ。

 しかも、列に並ぶ人たちへの熱中症対策はなく、観客は一向に進まない列を恨めしそうに眺めながら苦役を強いられた。

 観客は手荷物検査が行われることを織り込んで早めにラグビー場を訪れたが、開場時刻はキックオフ2時間前の17時15分。これを1時間早めれば入場はもっとスムーズに進んだはずだが、そういう措置は行われなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る