永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

W杯前最後の強化試合 南ア戦は試合も運営も惨敗だった

公開日: 更新日:

 20日のW杯開幕が近づくにつれて、日本代表への応援が盛り上がっている。6日に熊谷ラグビー場で行われた日本対南アフリカのテストマッチには、2万2000人を超える観客が詰めかけ、応援に声をからした。

 シャトルバスが到着するバックスタンド側では、最高気温が35度と予想された熊谷にキックオフの4時間以上前から入った観客が、到着早々W杯本番に向けたテストとして行われた手荷物検査に長蛇の列をつくった。熱中症対策で場内には給水所が設けられ、生ぬるい水が無料で配られたが、そこにたどり着く前に1時間近く延々と並ばされたのだ。

 しかも、列に並ぶ人たちへの熱中症対策はなく、観客は一向に進まない列を恨めしそうに眺めながら苦役を強いられた。

 観客は手荷物検査が行われることを織り込んで早めにラグビー場を訪れたが、開場時刻はキックオフ2時間前の17時15分。これを1時間早めれば入場はもっとスムーズに進んだはずだが、そういう措置は行われなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る