ヤクルトが獲得発表 嶋の最大使命はドラ1奥川と捕手の育成

公開日: 更新日:

 ヤクルトが15日、今季限りで楽天を退団した嶋基宏(34)の獲得を発表した。嶋は秋季キャンプに合流。嶋には以前から課題だったセンターライン強化が託されることになる。

 今季、ヤクルトのチーム防御率(4.78)、失点(739)はいずれも12球団ワースト。正捕手は中村悠平を中心に松本直、古賀、西田が争っているが、いずれも課題はリード面なのだ。

 バッテリー間が問題山積の中、ドラフトでは星稜の奥川恭伸(18)を3球団競合の末にクジで引き当てた。今夏の甲子園を沸かせたスターを預かるヤクルトにとっては、今後の育成力や起用法が問われる。

「チームは、ただでさえ甲子園のスターである奥川を預かるプレッシャーを感じている。そこへもってきて、バッテリーに不安がある。入団してすぐは体力づくりに時間を割くだろうが、それでもヤクルトでは即戦力。いきなり一軍抜擢の可能性も十分あります。そのときに嶋のような経験豊富な女房役がいれば、奥川も安心してマウンドに立てる」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る