ヤクルトが獲得発表 嶋の最大使命はドラ1奥川と捕手の育成

公開日: 更新日:

 ヤクルトが15日、今季限りで楽天を退団した嶋基宏(34)の獲得を発表した。嶋は秋季キャンプに合流。嶋には以前から課題だったセンターライン強化が託されることになる。

 今季、ヤクルトのチーム防御率(4.78)、失点(739)はいずれも12球団ワースト。正捕手は中村悠平を中心に松本直、古賀、西田が争っているが、いずれも課題はリード面なのだ。

 バッテリー間が問題山積の中、ドラフトでは星稜の奥川恭伸(18)を3球団競合の末にクジで引き当てた。今夏の甲子園を沸かせたスターを預かるヤクルトにとっては、今後の育成力や起用法が問われる。

「チームは、ただでさえ甲子園のスターである奥川を預かるプレッシャーを感じている。そこへもってきて、バッテリーに不安がある。入団してすぐは体力づくりに時間を割くだろうが、それでもヤクルトでは即戦力。いきなり一軍抜擢の可能性も十分あります。そのときに嶋のような経験豊富な女房役がいれば、奥川も安心してマウンドに立てる」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る