武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

来季は3つの代表戦が…錦織圭を待ち受ける“超過密日程”

公開日: 更新日:

 上位8人による男女のツアーファイナルからデ杯ファイナルズで、テニスシーズンは終わった。錦織圭は夏までトップ10を維持したものの、故障でラケットを置き、シーズン最後の“フェスタ”には参加できなかった。来季はどうだろう。

 デ杯は今年からフォーマットを一新し、1世紀以上続いたホーム&アウェー方式を上位18カ国が一堂に集まるラウンドロビンに変更、今年の会場はスペインのマドリードだった。錦織抜きの日本が善戦に終わった日、地元のフェルナンド・ベルダスコが経営する老舗レストラン「ラ・ボーラ」に行った。

■「教えるのがうまい」

 ベルダスコはツアー通算7勝。36歳ながら世界49位の現役で、スペインではナダルに次ぐ人気者だ。妻は歌手フリオ・イグレシアスの義娘。熱く闘志あふれるプレーで知られ、僚友ナダルと数々の名勝負を生んだ。2009年の全豪準決勝では大会記録の5時間14分を戦って敗れ、16年の同大会1回戦で4時間41分の末にリベンジ。スペインの3度のデ杯優勝にも貢献している。錦織は3年前のチーム戦でそのベルダスコと一緒になり「教えるのがうまい」という印象を口にしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る