武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

来季は3つの代表戦が…錦織圭を待ち受ける“超過密日程”

公開日: 更新日:

 上位8人による男女のツアーファイナルからデ杯ファイナルズで、テニスシーズンは終わった。錦織圭は夏までトップ10を維持したものの、故障でラケットを置き、シーズン最後の“フェスタ”には参加できなかった。来季はどうだろう。

 デ杯は今年からフォーマットを一新し、1世紀以上続いたホーム&アウェー方式を上位18カ国が一堂に集まるラウンドロビンに変更、今年の会場はスペインのマドリードだった。錦織抜きの日本が善戦に終わった日、地元のフェルナンド・ベルダスコが経営する老舗レストラン「ラ・ボーラ」に行った。

■「教えるのがうまい」

 ベルダスコはツアー通算7勝。36歳ながら世界49位の現役で、スペインではナダルに次ぐ人気者だ。妻は歌手フリオ・イグレシアスの義娘。熱く闘志あふれるプレーで知られ、僚友ナダルと数々の名勝負を生んだ。2009年の全豪準決勝では大会記録の5時間14分を戦って敗れ、16年の同大会1回戦で4時間41分の末にリベンジ。スペインの3度のデ杯優勝にも貢献している。錦織は3年前のチーム戦でそのベルダスコと一緒になり「教えるのがうまい」という印象を口にしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る