錦織圭がダンテと契約解消のなぜ…“チャン斬り”への布石か

公開日: 更新日:

 これは序章に過ぎない。

 錦織圭(29=世界ランク9位)が15日、自身のSNSで2011年から帯同するダンテ・ボッチーニとのコーチ契約を解消すると発表した。

 13年から錦織を指導するマイケル・チャンは4大メジャーでの指導が中心だが、ダンテはこの9年間、ほぼ全試合に同行してきた。チャンが来る以前のIMGアカデミー時代から支え、錦織との関係も良好。チーム内では最も信頼されているメンバーだった。

 そのダンテをこの時期に解任したのはなぜか。スポーツライターの武田薫氏はこう見ている。

「錦織は14日に行われたユニクロのチャリティーマッチで右肘故障のためフェデラーと対戦できず、子供相手に左手で打っていた。フェデラーとの対戦はイベントの目玉でした。それをキャンセルするぐらいですから状態はかなり悪いはずです。ツアーファイナル出場は諦め、21日開幕のエルステ・バンク・オープン、翌週のパリ・マスターズも欠場するでしょう。楽天がメインスポンサーになったデビス杯も出場は厳しい。錦織はここにきてある決断をしたと思う。先日の上海マスターズでは、ジョコビッチ(32=同1位)とフェデラー(38=同3位)が、いずれも22歳以下の選手に負けた。年末に30歳になる錦織にとってもレベルの高い次世代選手は脅威です。来年は猛暑の東京五輪もある。ここで右肘を完全に治し、チーム体制を立て直すために重い腰を上げた。マイケル・チャンとの関係も終わりにするかもしれない。いずれにしても、30歳を前にダンテとの関係を解消したということは、これまでとは違う道を歩むと決めたのでしょう」

 成績が頭打ちでもかたくなに体制を変えなかった錦織が、ようやく「全面改装」に舵を切ったということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る