六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

KINGペレ80歳の誕生日に思うこと<下>

公開日: 更新日:

 1970年代にヨーロッパで「ジーザス・クライスト・スーパースター」というオペラ型のロックミュージカルが人気を博し、その主題歌「Jesus Christ Superstar」も大流行した。初めてテレビでそのイントロを聴いた時は、鳥肌が立ったものである。

 最近、日刊ゲンダイで連載中の三枝成彰氏のコラム「中高年革命」でジョン・レノンのジョンは<洗礼者ヨハネを指す>ことと知った。英語でジョンはフランス語ではジャン、イタリア語ではジョバンニ、そしてドイツ語圏では「ヨハン」になる。こうしたバックボーンも「ジーザス・<クライフ>・スーパースター」という替え歌の誕生に関係していたのではないかと思い至った次第。

 話をペレとジーコに戻そう。ストライカーのペレと比較した場合、ジーコは得点力を持っている<類まれなパサー>であって<FKの名手>と言えるだろう。それでも、若い頃から「白いペレ」のニックネームで親しまれ、ペレも「私に最も近づいたのはジーコだ」とその才能を認めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る