初の二塁手守備率10割 広島菊池“幻に終わった”遊撃転向案

公開日: 更新日:

 11日にシーズンを終えた広島菊池涼介(30)が、二塁手としてはプロ野球史上初となるシーズン無失策、守備率10割の快挙を達成した。「際どい球をいかずに達成した記録ではなく、攻めた結果、できたのはうれしい。来年継続してこそ大記録だと思う」とコメントした。

 中京学院大から2011年のドラフト2位で広島に入団して今季が9年目。2年目の13年から昨年まで二塁手歴代最長となる7年連続ゴールデングラブ賞を受賞している。高い身体能力を生かした超ファインプレーが度々クローズアップされ、「忍者」の異名を持つ。

 10月15日の巨人戦で1993年の和田(阪神)がマークしたセ・リーグ432連続無失策を27年ぶりに更新した。今季は106試合に出場して193刺殺、310補殺。連続無失策記録を503に伸ばしている。

 学生時代は主に遊撃を守り、投手も兼任。140キロを超える速球を投げていた。圧倒的な守備範囲の広さが話題になることが多いが、実は無理な体勢からの正確な送球、強さを武器とする「鉄砲肩」の持ち主でもある。かつて菊池も「僕も肩には自信があります。内野で(強肩の)ライバルは今宮(ソフトバンク)かな」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る