小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

複数スポーツ部を強化「統合型スポーツ私学」隆盛の背景

公開日: 更新日:

 11日、全国高校サッカーで山梨学院が2009年度以来、11大会ぶり2度目の全国制覇を果たした。

 同校野球部の臨時コーチを務めている私も注目していた。サッカー部の長谷川監督はデータを重視するそうだから親近感が湧く。部員は3学年で124人の大所帯。大きな大会が5回あるため、A~Cチームの選手を使い分けていると聞いた。

 同校の野球部員は現在2学年で72人。学校は毎年40人ほどスポーツ推薦枠を使うように推奨しているそうだ。そうすると、3学年では120人に膨れ上がる計算だ。

 これは部の強化のため、そして学校経営のためでもある。少子化の現在、私学の経営はどこも苦しい。スポーツ推薦で、ある程度の生徒数を確保する。入学後はその部を強化し、全国大会に出て学校の名前を売る。これこそが生き残る道なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る