権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

改めて意を強くする「投球フォームは投手の主張」である

公開日: 更新日:

 東京五輪に臨む野球日本代表のメンバー24選手が発表された。

 本来なら投手陣の柱となるソフトバンク千賀滉大(28)が左足首の故障で代表漏れ。楽天田中将大(32)、巨人菅野智之(31)らも本調子とは言い難い。

 中心となるのは、オリックス山本由伸(22)だ。最多奪三振のタイトルを取った昨年に続き、今季も防御率2.08、93奪三振はパ1位。現時点での「日本球界ナンバーワン投手」という評価に異論はないだろう。

 その一方、侍ジャパンのエースとなった今も、彼の投球フォームに懸念を抱く専門家が少なからずいる。いわく、「アーム式のあの投げ方は故障を招く」「いずれ肩や肘を痛める前にフォームを見直す余地がある」など。アーム式とは、打撃マシンのごとく、腕を伸ばしたまま投げることを言う。球界では昔から、アーム式の投手は長持ちしない、大成しないと信じられてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る