5月20日のIOC総会は大荒れ必至! 禍根を残すロシアの“問題委員”2名に参加許可

公開日: 更新日:

 20日にスイスで開催される国際オリンピック委員会の総会を前に、IOCが「ロシアの委員の総会への参加を許可する」と発表した。

 2月にロシアがウクライナへの侵攻を開始して以降、IOCはロシアの選手、役員を国際大会から除外するよう、国際競技連盟や大会主催者に勧告。今も多くの競技で“追放状態”にあるが、IOCは今回、「五輪憲章の下、彼ら(ロシアのIOC委員)はIOC内では出身国の代表者ではない」と説明。ロシアの委員を務める、陸上棒高跳びで2008年北京五輪金メダルのエレーナ・イシンバエワ氏、ロシアテニス連盟のシャミエル・タルピシェフ会長の総会への参加が認められることになったが、当然のことながら、他国のアレルギー反応は強い。

 ウクライナへの侵攻はもとより、ロシアによる組織的なドーピング問題も未解決の状態だ。今年2月の北京冬季五輪期間中にも、女子フィギュアスケートのワリエワに薬物問題が発覚し、疑惑が再燃している。

 ただでさえ、各国から袋叩きにあう材料に事欠かないうえ、ロシアIOC委員であるイシンバエワとタルピシェフの両氏は、たびたびロシアへの制裁に噛みついてきた過去がある。イシンバエワ氏は、16年のリオ五輪で国ぐるみのドーピング違反問題を理由にロシア陸上チームが除外されたことに反発。自身のインスタグラムに「私たちが欠場する中、“潔白”な外国選手らは偽の金メダルを取ればいい」と投稿し、騒動を巻き起こした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾