ブルージェイズが大谷翔平に総額1080億円も用意と…メジャーの球団経営は赤字にならないの?

公開日: 更新日:

 エンゼルスからFAとなった大谷翔平(29)を獲得するため、各メジャー球団は目の飛び出るような金額を提示している。

「ジャイアンツは総額6億ドル(約880億円)」(FOXニュース)、「ドジャースは5億ドル(約740億円)以上」(ブリーチャーリポート)、「ブルージェイズは10億カナダドル(約1080億円)に近い金額」(トロント・サン)を用意して大谷にアプローチしていると報じられ、当初から予想されていた通り、契約総額は大リーグはもちろん、北米プロスポーツ史上最高額を更新するともっぱらだ。

 3球団の中で最高額を用意しているとされるブルージェイズの1080億円は、2023年度の日本プロ野球で年俸総額トップ(外国人選手を除く)だったソフトバンクの39億8990万円の25倍超。それどころか、12球団の年俸総額319億円の3倍以上の巨費を大谷ひとりに出すことになるのだ。

 メジャー球団はいったい、なぜこれだけの金額を捻出できるのか。

 野球文化学会会長で名城大准教授の鈴村裕輔氏が言う。

「放映権料の規模だけでもメジャーはケタが違う。MLB機構が全国放送の放映権を売りさばいていて、これが年間約20億ドル(約2940億円)。加えて各球団ごとに地元のローカル放送局と結んでいる放映権料は30球団で年間21億ドル(約3090億円)ほどと言われています。ローカル放送局からの収入は球団ごとに違いますが、単純計算すると1球団あたり年間約200億円が転がり込んでくることになる。放送権料は複数年契約が基本ですが、契約更改するたびに金額が上がっています」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ