「大統領の執事の涙」ウィル・ヘイグッド著、中村佐千江訳

公開日:  更新日:

■8人の大統領に仕えた黒人執事

 話題の同名映画関連本。2008年、新聞記者の著者は、大統領選を戦うバラク・オバマ候補の勝利を確信。人種差別の時代にホワイトハウスで働いていた黒人職員を探し始め、トルーマンからレーガンまで8人もの大統領に執事として仕えた人物がいたことを知る。その人、ユージーン・アレンは、1919年にバージニア州の農園で生まれ、ゴルフクラブで働いていたときに、メンバーの紹介でホワイトハウスの配膳係になったという。やがて執事へと昇格した氏は、代々の大統領の信頼を受け、歴史の目撃者となる。そんな氏の生涯を伝えながら、著者の記事がきっかけとなって映画が完成するまでを追ったドキュメンタリー。
(原書房 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る