• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「大統領の執事の涙」ウィル・ヘイグッド著、中村佐千江訳

■8人の大統領に仕えた黒人執事

 話題の同名映画関連本。2008年、新聞記者の著者は、大統領選を戦うバラク・オバマ候補の勝利を確信。人種差別の時代にホワイトハウスで働いていた黒人職員を探し始め、トルーマンからレーガンまで8人もの大統領に執事として仕えた人物がいたことを知る。その人、ユージーン・アレンは、1919年にバージニア州の農園で生まれ、ゴルフクラブで働いていたときに、メンバーの紹介でホワイトハウスの配膳係になったという。やがて執事へと昇格した氏は、代々の大統領の信頼を受け、歴史の目撃者となる。そんな氏の生涯を伝えながら、著者の記事がきっかけとなって映画が完成するまでを追ったドキュメンタリー。
(原書房 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る