「戦う女、戦えない女」林田敏子著

公開日:  更新日:

■オンナと戦争

 世間はあまり騒がないが、安倍政権がひそかにもくろむ右傾化策のひとつが女性自衛官の前線配置。まさに“国民総動員化”の道が現実になりつつあるのだ。

■女性を戦場に駆り出した歴史を検証

 第1次世界大戦は世界の運命を変えた戦争だったといわれる。ヨーロッパの没落はこれで決定的になり、アメリカが躍進。進歩した戦争のテクノロジーは人間の予想を超える破壊力を発揮し、トラウマが社会に巣くうことになった。

 成人男子を対象とする徴兵制が世界的に導入されたのもこの大戦。戦地に行った男たちの穴を埋めるために、工場や職場では女たちが動員をかけられた。まさに国民総動員制度は第1次大戦で定着したのである。この歴史的な体験をイギリス女性史とジェンダー論の観点から問い直すのが本書だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る