「戦う女、戦えない女」林田敏子著

公開日:  更新日:

■オンナと戦争

 世間はあまり騒がないが、安倍政権がひそかにもくろむ右傾化策のひとつが女性自衛官の前線配置。まさに“国民総動員化”の道が現実になりつつあるのだ。

■女性を戦場に駆り出した歴史を検証

 第1次世界大戦は世界の運命を変えた戦争だったといわれる。ヨーロッパの没落はこれで決定的になり、アメリカが躍進。進歩した戦争のテクノロジーは人間の予想を超える破壊力を発揮し、トラウマが社会に巣くうことになった。

 成人男子を対象とする徴兵制が世界的に導入されたのもこの大戦。戦地に行った男たちの穴を埋めるために、工場や職場では女たちが動員をかけられた。まさに国民総動員制度は第1次大戦で定着したのである。この歴史的な体験をイギリス女性史とジェンダー論の観点から問い直すのが本書だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る