「がんになる29の添加物を食べずに生きる方法」渡辺雄二著

公開日: 更新日:

 食品添加物は法律で使ってもよいと決められているのだから、さほどの害はないだろうなどと考えるのは大きな間違い。一度は認可されながら、何年も経ってから使用禁止になる添加物もあるためだ。

 1947年に砂糖の代用品として認可されたズルチンという合成甘味料などは、摂取による中毒や死亡事故が発生し、21年も経ってから使用が禁止された。現在使われている添加物も、絶対安全とは言い切れない。

 本書では、市販の漬物などに使われているサッカリンナトリウム、ハムやベーコンの発色剤である亜硝酸ナトリウム、小麦粉改良剤の臭素酸カリウムなど、発がんの疑いがある29の添加物を紹介。そして、これらを買わないよう心がけようと呼びかけている。
(宝島社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る