「がんになる29の添加物を食べずに生きる方法」渡辺雄二著

公開日:  更新日:

 食品添加物は法律で使ってもよいと決められているのだから、さほどの害はないだろうなどと考えるのは大きな間違い。一度は認可されながら、何年も経ってから使用禁止になる添加物もあるためだ。

 1947年に砂糖の代用品として認可されたズルチンという合成甘味料などは、摂取による中毒や死亡事故が発生し、21年も経ってから使用が禁止された。現在使われている添加物も、絶対安全とは言い切れない。

 本書では、市販の漬物などに使われているサッカリンナトリウム、ハムやベーコンの発色剤である亜硝酸ナトリウム、小麦粉改良剤の臭素酸カリウムなど、発がんの疑いがある29の添加物を紹介。そして、これらを買わないよう心がけようと呼びかけている。
(宝島社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る