• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「がんになる29の添加物を食べずに生きる方法」渡辺雄二著

 食品添加物は法律で使ってもよいと決められているのだから、さほどの害はないだろうなどと考えるのは大きな間違い。一度は認可されながら、何年も経ってから使用禁止になる添加物もあるためだ。

 1947年に砂糖の代用品として認可されたズルチンという合成甘味料などは、摂取による中毒や死亡事故が発生し、21年も経ってから使用が禁止された。現在使われている添加物も、絶対安全とは言い切れない。

 本書では、市販の漬物などに使われているサッカリンナトリウム、ハムやベーコンの発色剤である亜硝酸ナトリウム、小麦粉改良剤の臭素酸カリウムなど、発がんの疑いがある29の添加物を紹介。そして、これらを買わないよう心がけようと呼びかけている。
(宝島社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る