「がんになる29の添加物を食べずに生きる方法」渡辺雄二著

公開日: 更新日:

 食品添加物は法律で使ってもよいと決められているのだから、さほどの害はないだろうなどと考えるのは大きな間違い。一度は認可されながら、何年も経ってから使用禁止になる添加物もあるためだ。

 1947年に砂糖の代用品として認可されたズルチンという合成甘味料などは、摂取による中毒や死亡事故が発生し、21年も経ってから使用が禁止された。現在使われている添加物も、絶対安全とは言い切れない。

 本書では、市販の漬物などに使われているサッカリンナトリウム、ハムやベーコンの発色剤である亜硝酸ナトリウム、小麦粉改良剤の臭素酸カリウムなど、発がんの疑いがある29の添加物を紹介。そして、これらを買わないよう心がけようと呼びかけている。
(宝島社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る

人気キーワード