料理小説編

公開日: 更新日:

「純喫茶トルンカしあわせの香り」八木沢里志著

 千代子が、谷中の路地裏にある純喫茶トルンカに通い始めて20年が過ぎた。ある日、マスターの娘・雫から初恋の思い出をたずねられ、脳裏に幼女のころの思い出がよみがえる。その人、武彦は父が営む酒屋の顧客の息子だった。父の配達についていった千代子が、武彦の部屋に遊びに行くと、いつもショパンのレコードがかかっていた。以来、トルンカでショパンの「エオリアン・ハープ」を耳にするたび、千代子は武彦との思い出に胸が締め付けられる。そんなある日、トルンカで映画の撮影が行われることになり、千代子はエキストラを務める。(「午後のショパン」)

 古い喫茶店に集う人々のドラマを描く心にしみる短編集。(徳間書店 630円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る

人気キーワード