「浮世絵で読む、江戸の四季とならわし」赤坂治績著

公開日:  更新日:

■雛祭りになぜ桃の花?

 浮世絵を読み解きながら、江戸時代の庶民の暮らしや年中行事、しきたりなどを紹介する江戸本。

 まずは歌川国貞が駿河町の三井越後屋前の正月風景を描いた「初春の駿河町」や英一蝶の「十二カ月の内・正月」を鑑賞しながら、門松・しめ縄について取り上げる。正月に門松を立てる習慣は、平安時代に始まり、もともとは松だけで竹は立てなかったそうだ。門松=年神の降り立つ依(よ)り代になぜ松が使われるようになったのか解説。その他、なぜ雛祭りには桃の花を飾るのか、大飢饉の犠牲者を悼む慰霊祭が起源だという両国の花火など。浮世絵に描かれた風俗・事物を取り上げながら、四季折々の行事のルーツに迫る浮世絵歳時記。
(NHK出版 900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る