「浮世絵で読む、江戸の四季とならわし」赤坂治績著

公開日:  更新日:

■雛祭りになぜ桃の花?

 浮世絵を読み解きながら、江戸時代の庶民の暮らしや年中行事、しきたりなどを紹介する江戸本。

 まずは歌川国貞が駿河町の三井越後屋前の正月風景を描いた「初春の駿河町」や英一蝶の「十二カ月の内・正月」を鑑賞しながら、門松・しめ縄について取り上げる。正月に門松を立てる習慣は、平安時代に始まり、もともとは松だけで竹は立てなかったそうだ。門松=年神の降り立つ依(よ)り代になぜ松が使われるようになったのか解説。その他、なぜ雛祭りには桃の花を飾るのか、大飢饉の犠牲者を悼む慰霊祭が起源だという両国の花火など。浮世絵に描かれた風俗・事物を取り上げながら、四季折々の行事のルーツに迫る浮世絵歳時記。
(NHK出版 900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る