ムーン・ウォーカーズ

公開日:  更新日:

 数ある都市伝説の中でも一番しゃれてると思うのが“月面着陸陰謀説”。1969年、「人類の偉大な一歩」という言葉で知られたアポロ11号の月面着陸が実は真っ赤な嘘だった、という有名な話だ。米政府の陰謀とか、宇宙飛行士が宇宙人に遭遇したのをもみ消したとかいろんな話がいまも絶えず、77年にはこれをネタにした映画「カプリコン1」がカルト映画にもなっている。そんな伝説をいま改めて映画にしたのが先週末封切りの「ムーン・ウォーカーズ」だ。

 この伝説、イギリス人が好んでジョークにしてきたが、今回のパロディーは仏ベルギー合作。そのためか英米をいっしょくたにからかい倒すタッチが楽しい。

 元の都市伝説では「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリックが米政府に頼まれて月面場面を捏造したと伝えられているのだが、映画ではCIA局員のヘマでキューブリックに依頼したはずが詐欺師にだまされていたという設定になっているのが苦笑させられるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る