• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スニーカーヘッズ」年商60億円の輸入商がいる聖地・東京も登場

 どんなものにもマニアがいるのが現代。とはいえスニーカー1足が30万円とは!?

 先週末から公開中の「スニーカーヘッズ」はこのスニーカーマニアの世界を追った米ドキュメンタリーだ。マニア化の発端はバスケのマイケル・ジョーダンモデルと銘打ってナイキが売り出した「エアジョーダン」の成功。以来、記念モデル類のたびにブームが拡大。長時間立ちっぱなしのヒップホップDJらが凝ったスニーカーを愛用したことでおしゃれアイテムに変貌したのだ。

 カメラはマニアたちの生態のほか、強奪事件まで起こるブームの実態や供給量をしぼってブームを維持する企業側の戦略にも踏み込んでいく。「スニーカーはもうサブカルじゃない」とは関係者の言葉だが、いやむしろ金融バブルと同じ手法で資本主義にわざと寄生するのが現代のサブカルなのだ。

 なお、世界的に見るとNYやロンドンとならんで東京がスニーカーヘッズの聖地。早くからブームに目を付けたファンキーな日本人が登場し、ブロークン英語でまくし立てる。典型的なオタク君かと思ったら驚くなかれ年商60億円のスニーカー輸入商だそうだ。おまけにネットのインタビューを読むと愛読書がハイデッガーの「存在と時間」(岩波書店 1260円+税)。無論ハッタリでなく人生哲学の書として熟読したという。まさに野に遺賢あり。〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る