• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ミレニアム4(上・下)」ダヴィド・ラーゲルクランツ著 ヘレンハルメ美穂、羽根由訳

「ミレニアム」1~3部の素晴らしさについては今さら言うまでもない。第1部が孤島ミステリー&サイコ・スリラーで、第2部が警察小説&復讐小説で、第3部がスパイ小説&リーガル・サスペンスというミステリーの全要素が詰まった小説で、その面白さも緊迫度も文句のつけようのない傑作であった。

 我が国でもこの作品をきっかけに、北欧ミステリーが次々に翻訳されるようになったが、これは日本だけのことではなく、この「ミレニアム」シンドロームは世界に波及して、全世界で8000万部売れたという。地球規模で始まった北欧ミステリーブームの火付け役が「ミレニアム」であったのである。

 残念なのは、作者のスティーグ・ラーソンが刊行前に50歳の若さで病没してしまったことで、作品が素晴らしかっただけに続きを読めないのは残念だった。そう嘆いていた読者が多かったと思うが、そういうときに本書が出てきたからうれしい。007も作者の死後に他の作家が書き継いでいるが、この「ミレニアム」も版権を管理している遺族の依頼を受けて新作が登場というわけだ。

 結論から先に書けば、なかなか面白い。主人公のミカエルも、あの魅力的なヒロインのリスベットもいきいきと物語のなかを動き回り、まるでスティーグ・ラーソンが書いたかのようだ。内容は人工知能の研究をめぐる話であると書くにとどめておく。ハリウッドで映画化も決定したスリラーの傑作である。(早川書房 各1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る