北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ミレニアム4(上・下)」ダヴィド・ラーゲルクランツ著 ヘレンハルメ美穂、羽根由訳

公開日:  更新日:

「ミレニアム」1~3部の素晴らしさについては今さら言うまでもない。第1部が孤島ミステリー&サイコ・スリラーで、第2部が警察小説&復讐小説で、第3部がスパイ小説&リーガル・サスペンスというミステリーの全要素が詰まった小説で、その面白さも緊迫度も文句のつけようのない傑作であった。

 我が国でもこの作品をきっかけに、北欧ミステリーが次々に翻訳されるようになったが、これは日本だけのことではなく、この「ミレニアム」シンドロームは世界に波及して、全世界で8000万部売れたという。地球規模で始まった北欧ミステリーブームの火付け役が「ミレニアム」であったのである。

 残念なのは、作者のスティーグ・ラーソンが刊行前に50歳の若さで病没してしまったことで、作品が素晴らしかっただけに続きを読めないのは残念だった。そう嘆いていた読者が多かったと思うが、そういうときに本書が出てきたからうれしい。007も作者の死後に他の作家が書き継いでいるが、この「ミレニアム」も版権を管理している遺族の依頼を受けて新作が登場というわけだ。

 結論から先に書けば、なかなか面白い。主人公のミカエルも、あの魅力的なヒロインのリスベットもいきいきと物語のなかを動き回り、まるでスティーグ・ラーソンが書いたかのようだ。内容は人工知能の研究をめぐる話であると書くにとどめておく。ハリウッドで映画化も決定したスリラーの傑作である。(早川書房 各1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る