「雇用崩壊」森永卓郎氏

公開日:  更新日:

正社員でも管理職でも逃げ切れない

 国税庁による2014年の「民間給与実態統計調査」では、日本国民の平均年収は415万円。

 しかし、これはごく一握りの高所得者が平均を引き上げている結果であり、実際に最も人数が多い層が年収300万~400万円で17.3%。次いで多いのが年収200万~300万円の16.9%である。中流層の崩壊による日本人の貧困化は、着実に進んでいることが分かる。

「私が『年収300万円時代を生き抜く経済学』という本を書いたのが13年前のこと。当時はそんな時代は来るわけがないと言われましたが、いまや年収300万円はごく当たり前になってしまいました。しかし、日本人を待ち受ける未来は、実はもっと過酷なもの。その元凶が、アベノミクスの成長戦略による、弱肉強食社会の加速化です」

 本書では、安倍政権がもたらす、日本社会の安定基盤の崩壊について詳細に解説している。著者が“3本の毒矢”と呼ぶ制度変更は、多くの国民が理解しておらず、また大マスコミも報じない。しかし、“普通”のサラリーマン生活を消滅させ、一般庶民を確実に奴隷化する制度であることが分かるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る