「雇用崩壊」森永卓郎氏

公開日: 更新日:

正社員でも管理職でも逃げ切れない

 国税庁による2014年の「民間給与実態統計調査」では、日本国民の平均年収は415万円。

 しかし、これはごく一握りの高所得者が平均を引き上げている結果であり、実際に最も人数が多い層が年収300万~400万円で17.3%。次いで多いのが年収200万~300万円の16.9%である。中流層の崩壊による日本人の貧困化は、着実に進んでいることが分かる。

「私が『年収300万円時代を生き抜く経済学』という本を書いたのが13年前のこと。当時はそんな時代は来るわけがないと言われましたが、いまや年収300万円はごく当たり前になってしまいました。しかし、日本人を待ち受ける未来は、実はもっと過酷なもの。その元凶が、アベノミクスの成長戦略による、弱肉強食社会の加速化です」

 本書では、安倍政権がもたらす、日本社会の安定基盤の崩壊について詳細に解説している。著者が“3本の毒矢”と呼ぶ制度変更は、多くの国民が理解しておらず、また大マスコミも報じない。しかし、“普通”のサラリーマン生活を消滅させ、一般庶民を確実に奴隷化する制度であることが分かるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る