「原節子の真実」石井妙子氏

公開日: 更新日:

小津安二郎作品とは異なる、強く激しい女優・原節子の生きざま

 “永遠の処女”とうたわれ、昭和の日本人にもっとも愛された女優・原節子。全盛期に忽然と銀幕を去り、以降50年以上にわたり世間にその姿を見せなかった伝説の女優は、昨年末、95歳でその生涯を閉じた。

「3年前から彼女の評伝の執筆を開始し、折に触れてご自宅に伺っていましたが、同居する甥御さん夫婦が丁寧に対応してくださるものの、ついに原節子さんにお会いすることはかないませんでした。そのためか、訃報を耳にしたときには、亡くなった事実よりも、確かに彼女はこの世界に生きていたんだということを、逆に強く実感したことを覚えています」

 本書は、伝説や臆測に惑わされることなく、時代に埋もれた原節子の肉声のみを丹念に拾い集めることでつづられている。そこに浮かび上がるのは、多くの日本人がイメージする控えめな大和撫子の姿ではなく、強く、激しい女優の生きざまだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る