「江戸遊里の記憶」渡辺憲司著

公開日: 更新日:

 江戸に遊郭が誕生したのは元和3(1617)年。江戸幕府が渋りに渋ってようやく設置を認めたその場所は葦屋町の東隣(現・中央区日本橋堀留町2丁目)だった。しかし、明暦の大火を機に吉原へ移転する。

 吉原遊女の魅力は、何といっても意気地の強さだったという。西鶴は「好色一代男」で、「吉原の高尾に35歳までふられ、その後も首尾せず」と悔しさをのべ、高尾の張りの強さを強調している。また若かりし頃の高橋是清は「花魁の部屋にウエブスターの大辞典や、ガノーの究理書があって驚いた」と記し、高村光太郎は「元禄髷に結っていた。(中略)いわば一目ぼれというやつでしょう」。吉原神社近くに住むとび職の親方は、「吉原の子はみんな働き者で親孝行だった」とその思い出を語る。

 全国各地の遊里を訪ね歩き、人々への聞き取りや文献から廓文化を掘り起こした研究エッセー。(ゆまに書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る