Tシャツをめぐるリアルストーリー集

公開日: 更新日:

「捨てられないTシャツ」都築響一著

 誰もが一枚や二枚は持っている愛着のこもったTシャツ。タンスに眠るそんな捨てられないTシャツをめぐる物語を集めたリアルストーリー集。

 ファッションは、ふつう価格やブランドで誰が見ても「ヨシ」とされるものがリスペクトされるが、Tシャツだけは「『だれも見たことないもの』や、ヨシなのかダメなのか判断に迷うほうがリスペクトされたりする」と編者はいう。「ヨシなのかダメなのか判断に迷う」、そうしたTシャツに染みついた、「着用する本人の確固たる意志や、根拠のない自信や、何よりも個人的な記憶」を持ち主が語る。

 バーを経営する42歳の女性は、高校時代にハマっていたパンクのライブで思いがけず手に入れたTシャツへの思いを追想。ラモーンズのライブ中にエキサイトし過ぎて出血騒ぎを起こし病院へ。治療後に再び会場に戻ると、アンコールで出てきたジョーイ・ラモーンがそのパンクぶりを称えて、着ていたTシャツを脱いでプレゼントしてくれたのだとか。返礼に血だらけのTシャツを渡したら受け取ってくれたという。

 女性写真家の一枚は、バイトの退職祝いに、仲間が本人のイメージを手書きしてプレゼントしてくれたペラペラのTシャツ。ある出版社勤務の男性は、古着屋を探し回ってやっと入手したミッキーマウスのTシャツを「ここぞ」という時に着用していたが、会社の同僚のおばちゃんから、同じものを持っていると話しかけられショックを受けたという。

 ほかに荒れた高校時代に唯一、何も言わずに見守ってくれた祖母の顔をデザインした33歳の女性デザイナーの特注Tシャツなど。

 有名無名の70人が匿名で自らの人生と、その人生に寄り添ってくれたTシャツの思い出を語るハートフルな一冊。(筑摩書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る