「夏の情婦」佐藤正午著

公開日: 更新日:

 定職につくことなく実家で過ごしていた「ぼく」は、学習塾の講師として働き始める。釣り具店主の妻が自宅で始めた塾が仕事場だった。夏休み、午前中で授業を終えたぼくは、毎日、恋人の部屋に行き、彼女の帰りを待つ。4カ月前に知り合った彼女はバッティングセンターの受付係で、ぼくは客だった。

 2度目のデートで、ラブホテルに入って以来、ぼくは伯母の家に間借りする彼女の部屋に通い続けてきた。ある日、伯母から2人の関係を問い詰められた彼女は、「情婦」という言葉が脳裏に浮かんだ途端、涙をこらえきれなくなった。その話を聞いたぼくは、彼女の言葉の選び方にただ感心する。(表題作)

 直木賞作家が30年前のデビュー直後に発表したみずみずしい恋愛小説集。

 (小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る