「夏の情婦」佐藤正午著

公開日:  更新日:

 定職につくことなく実家で過ごしていた「ぼく」は、学習塾の講師として働き始める。釣り具店主の妻が自宅で始めた塾が仕事場だった。夏休み、午前中で授業を終えたぼくは、毎日、恋人の部屋に行き、彼女の帰りを待つ。4カ月前に知り合った彼女はバッティングセンターの受付係で、ぼくは客だった。

 2度目のデートで、ラブホテルに入って以来、ぼくは伯母の家に間借りする彼女の部屋に通い続けてきた。ある日、伯母から2人の関係を問い詰められた彼女は、「情婦」という言葉が脳裏に浮かんだ途端、涙をこらえきれなくなった。その話を聞いたぼくは、彼女の言葉の選び方にただ感心する。(表題作)

 直木賞作家が30年前のデビュー直後に発表したみずみずしい恋愛小説集。

 (小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る