「夏の情婦」佐藤正午著

公開日:  更新日:

 定職につくことなく実家で過ごしていた「ぼく」は、学習塾の講師として働き始める。釣り具店主の妻が自宅で始めた塾が仕事場だった。夏休み、午前中で授業を終えたぼくは、毎日、恋人の部屋に行き、彼女の帰りを待つ。4カ月前に知り合った彼女はバッティングセンターの受付係で、ぼくは客だった。

 2度目のデートで、ラブホテルに入って以来、ぼくは伯母の家に間借りする彼女の部屋に通い続けてきた。ある日、伯母から2人の関係を問い詰められた彼女は、「情婦」という言葉が脳裏に浮かんだ途端、涙をこらえきれなくなった。その話を聞いたぼくは、彼女の言葉の選び方にただ感心する。(表題作)

 直木賞作家が30年前のデビュー直後に発表したみずみずしい恋愛小説集。

 (小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る