• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「最強最高のがん知識」中川恵一著

 がんで命を失わないための秘訣は何か。それは、「がんになる前に、がんを知ること」だと、東大付属病院放射線科准教授の著者は断言する。いざ、がんと告知されたとき、平常心でいられる人は少ない。だからこそ、そのときに正しい選択をするためには、事前の情報収集が不可欠なのだ。

 たとえば、治療法を決めるにあたってセカンドオピニオンを求める場合、何科に行けばよいのか。答えは、放射線科であるという。通常、肺がんなら呼吸器外科、胃がんなら消化器外科など、いま受診している科と同じ科を別の病院で探す人がほとんどだ。しかし、医師や病院がかわっても、外科を訪ねてしまうと手術以外の治療法を提示される可能性は低い。さらに、多くの外科医は別の診療科や別の臓器のがんについては門外漢だ。一方、放射線科はすべてのがんの治療に携わるため、有意義なセカンドオピニオンが得やすいと本書。

 生活習慣ががんの発症に影響するという事実も再認識しておきたい。飲酒して顔が赤くなる人が毎日3合以上飲むと食道がんのリスクが10倍に、また緑茶を1日5杯以上飲む人は胃がんのリスクが3割低いなどのデータを知っておくことで、がんを回避できる確率も高まる。

 がんに対抗する武器は、事前の情報であると心得たい。

(海竜社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る