「たまうら~玉占~」星乃あかり著

公開日: 更新日:

 おみつは、三味線の稽古場で出会った京さんから贈られたステキなかんざしをなくしてしまう。京さんから、大切な話があるから明後日に会いたいと言づてがあったその日に、落としてしまったのだ。必死に捜し回るおみつは、橋の上で老婆に声をかけられる。老婆は占い師のようで、あんどんには「玉占」と書かれていた。言われるままおみつが壷からひいた玉は、「みれん玉」だった。老婆によると、なくしたものへの未練にとらわれている人に引き寄せられる玉だという。何とか取り戻したいというおみつに、老婆は壷から取り出した「えにし玉」を枕の下に入れて寝るようにいう。(「みれん玉」)

 ひと癖もふた癖もありそうな老婆が、悩みを持つ人の前に現れる連作エンターテインメント。

(小学館 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る