「たまうら~玉占~」星乃あかり著

公開日:  更新日:

 おみつは、三味線の稽古場で出会った京さんから贈られたステキなかんざしをなくしてしまう。京さんから、大切な話があるから明後日に会いたいと言づてがあったその日に、落としてしまったのだ。必死に捜し回るおみつは、橋の上で老婆に声をかけられる。老婆は占い師のようで、あんどんには「玉占」と書かれていた。言われるままおみつが壷からひいた玉は、「みれん玉」だった。老婆によると、なくしたものへの未練にとらわれている人に引き寄せられる玉だという。何とか取り戻したいというおみつに、老婆は壷から取り出した「えにし玉」を枕の下に入れて寝るようにいう。(「みれん玉」)

 ひと癖もふた癖もありそうな老婆が、悩みを持つ人の前に現れる連作エンターテインメント。

(小学館 580円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る