「誰かが足りない」宮下奈都著

公開日:

 誰にも、とっておきのレストランというのがあるのではないか。大事な人と貴重な時間を過ごすのにうってつけの店。本書の舞台は、ある町のとてもおいしいと評判のレストラン「ハライ」。それぞれ事情は異なるものの、それぞれがその店を「とっておき」と思っている6組の客が予約をするまでの6つの物語。

【あらすじ】最初の予約は、内定先の会社が倒産しコンビニで深夜勤務をしている「僕」。学生時代から付き合っていた未華子が別の男と結婚すると聞かされた僕は、かつて未華子がおいしいと言っていたハライのスープを食べに行くことを決める。

 2番目は、認知症で息子や孫の名前も忘れてしまった「私」。彼女が洋食ばかり作るのは、亡き夫がハライのコンソメスープを褒めるので、それに対抗したかったからだ。3番目は、残業代の支給でもめる中、係長に抜擢され、恋人から「尻拭い要員」と揶揄されながらも孤軍奮闘する久美。そんな久美の悩みを、幼馴染みのヨッちゃんにハライでぶつけたい。

 4番目は母親が急死したため、家に引きこもりビデオカメラを通してしか会話ができない青年。妹の友人のおかげでなんとか外に出られそうになる。最初に行くのは評判のレストラン。5番目はホテルのレストランの厨房で働いている「俺」。俺の夢はいつかハライでコックとして働くこと。だから気になるあの娘を食事に誘いたい。最後は、失敗のにおいを嗅ぎ取るという特殊な能力を持つ留香。ひょんなことから昔別れたきりのいとこに出会い……。

【読みどころ】この6組いずれも予約は10月31日午後6時。当日のことは書かれていないが、6つのテーブルから一斉に立ち上る特別な時間が目に浮かんでくる。 <石>

(双葉社 528円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る