「ヘブン」新野剛志著

公開日:

 島本愛慈が社長を務める弱小芸能事務所「ライク・へブン」にハリウッド映画のキャンペーンの仕事が舞い込んだ。この仕事を取ってきたのは、事務スタッフの高橋月子だった。たまたまキャンペーンに出るはずのタレントがけがをして大騒ぎになったのを聞きつけ、事務所のタレントを売り込んだのが功を奏したのだ。もともと月子は容姿が優れていたので島本がスカウトしたのだが、芸能活動はできないと断られた。父親が人を殺したからと。

 月子の父は刑事で、4年前、武蔵野連合の幹部の部屋で女を殺した男を絞め殺し、取り調べ中に自殺した。その部屋の主は海外に逃亡したとみられている。

 タブーに挑んだシリーズ第2弾で、復讐に燃える男と女を描く。

(幻冬舎 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る