「本屋風情」岡茂雄著

公開日: 更新日:

 著者は、大正から昭和の初めにかけて書店と出版社を経営し、文化人類学や民俗学の名作を世に送り出してきた出版人。

 その著者が、身近に接した学者や文人との思い出を語りながら、知られざる素顔をつづった回想録である。

 大正15年、かねて出版を手掛けたいと願っていた南方熊楠に知人を介して執筆を依頼。その返事の手紙のあまりの長さと難読さに読むのに数日を要したという。以来、和歌山に住む南方との手紙のやりとりが始まるが、南方は文面の最初に書き始めた日時を分単位で記すほどきちょうめんだったという。深く親交を重ねた南方のさまざまなエピソードをはじめ、新村出と「広辞苑」誕生の裏話や、金田一京助や柳田国男ら、歴史に名を残す人物たちの生前の生き生きとした姿が蘇る。

(KADOKAWA 1080円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る