「名人 志ん生、そして志ん朝」小林信彦著

公開日: 更新日:

 落語史にその名を刻む昭和の大名人、古今亭志ん生と志ん朝親子を論じた落語エッセー。

 昭和14年、5代目を襲名した志ん生は、長い不遇の時代を経て、昭和22年に大陸から引き揚げ後は脚光を浴び、昭和36年に脳出血で倒れるまで「志ん生時代」と称されるほどの人気を得た。志ん生は、その芸において「江戸っ子」を造形する必要がなかったという。なぜなら、彼の内部にすでにそれが存在していたからだ。

 一方、志ん生の次男として生まれた志ん朝は、外交官や歌舞伎役者に憧れたが、志ん生の反対で噺家の道へ。著者はその死を知った日のことを追想しながら、志ん朝の死は江戸から伝わってきた大衆文化のひとつである江戸弁による江戸落語の美学の死だと評する。

(朝日新聞出版 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る