「最新版 日本の15大財閥」菊地浩之著

公開日: 更新日:

 戦前の主な財閥の沿革と、その傘下企業の戦後から現在までの変遷をたどる財閥研究書。

 財閥を「富豪の家族・同族の封鎖的な所有・支配下に成り立つ多角的事業体」と定義して、金融・産業を広く網羅した総合財閥である三井・三菱・住友に加え、現代企業まで系譜がつながる全15財閥を紹介する。

 財閥の勃興は明治維新後で、江戸時代の富商が財閥になったケースと、低身分の商人から一代で財閥を築いたケースに大別できる。前者は三井・住友に加え、鴻池・山口・川崎金融の5つでいずれも金融財閥。後者は明治政府と結託して巨万の富を蓄えた三菱・大倉の他、銀行業主軸の安田や、セメントから事業を展開した浅野などがある。

 各財閥の変遷をコンパクトに学べる営業マン・就活生必携の書。

(KADOKAWA 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード