「キツネ目 グリコ森永事件全真相」岩瀬達哉著

公開日: 更新日:

「かい人21面相」を名乗るグループが「どくいり きけん」のシールを貼った菓子をスーパーやコンビニにばらまき、社会を震撼させたグリコ森永事件。あれから37年が過ぎ、似顔絵が公開されているリーダー格の「キツネ目の男」は、おそらく70歳を越えている。企業から奪い取ったカネで、どこかでのうのうと暮らしているのだろうか。

 標的となった企業の経営者や、犯人を取り逃がした捜査関係者の苦渋に満ちた記憶は、時がたっても消えることはない。著者は関係者を12年かけて取材し、複雑なこの事件の真相に迫った。

 一連の企業恐喝は1984年3月18日夜、江崎グリコの江崎勝久社長が自宅で入浴中に拉致される事件から始まった。4日後、社長は監禁されていた水防倉庫から自力で脱出、保護されたが、その後も脅迫は続いた。

 警察と連携し、現金受け渡しの現場で逮捕する作戦は犯人に裏をかかれて失敗。それだけでなく、誤認逮捕された青年の運命を狂わせることになった。

 淀川べりで恋人とデート中だった青年は、いきなり犯人グループに襲われ、恋人を人質に取られた上、現金受け取り役をさせられた。著者は被害者当人に取材し、事件現場に同行し、その顛末を詳細に描いている。キツネ目の男の体臭を感じるほどリアルだ。

 丸大食品、森永製菓、ハウス食品と、標的は広がっていく。〈グリコをたべて はか場え いこう〉〈わしらに さからいおったから 森永つぶしたる〉。犯人は人を愚弄するような挑戦状や脅迫状を送りつけ、企業を脅した。食の安全を人質に取られて、経営者たちは苦悶する。犯人を取り逃がした責任をとって焼身自殺を遂げた警察官もいた。

 迷宮入りした事件の細部を検証し、人間ドラマを描きながら、企業のあり方や警察組織の問題点を大きな視点でとらえた力作ノンフィクション。

(講談社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  9. 9

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る

人気キーワード