「新装版 楽しい昆虫料理」内山昭一著

公開日: 更新日:

 2050年までに世界の人口は100億人に達すると予測されている。そこで問題となるのが食料不足。大規模な農地拡大は壊滅的な森林破壊につながる恐れがあり、家畜の腸内発酵などによって発生するメタンガスは温室効果ガスの大きな要因だ。

 こうしたことから2013年、国連食糧農業機関(FAO)は昆虫食を推奨する報告書を発表した。昆虫は家畜に比べて温室効果ガスの排出が少なく、食品残渣(ざんさ)などの廃棄物で育つので環境汚染の削減につながり、飼育のための土地も狭くて済む。食料としても優秀で、タンパク質やビタミンB群、食物繊維やミネラルも豊富だ。

 そして、持続可能な社会づくりのための17の目標として掲げられたSDGsのうち、昆虫食は実に8つの目標に対して貢献が可能だ。そんな大注目の昆虫食について、本書では材料調達法や“旬”、食べてはいけない有毒な虫などについて解説しながら、昆虫を使った79のレシピを紹介している。

 秋にお勧めなのが「子持ちカマキリの南蛮漬け」。これからはカマキリの恋の季節で、お腹に黄色い卵が詰まったメスカマキリも増えてくる。そんなカマキリを熱湯に通し、卵を残して内臓を抜き取ったら180度の油でカラリと揚げ、南蛮酢に漬ければ出来上がり。他にも、「ヤゴとクレソンのアンチョビ風味サラダ」や「アリのトムヤムクン」「タガメ風味のタルト」など、バリエーション豊富なレシピが満載だ。

 ちなみに、まずい虫のワーストは強烈な腐敗土臭のするカブトムシの幼虫、ベストワンはコクと甘味がありバターのような食感のカミキリムシだと本書。地球の未来に貢献しながら、しかもおいしい昆虫食。ぜひ試してみては。

(ビジネス社 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  2. 2
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 3
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  4. 4
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  5. 5
    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

もっと見る

  1. 6
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  2. 7
    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

  3. 8
    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

  4. 9
    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

  5. 10
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

人気キーワード