「絶望死」ニコラス・D・クリストフほか著 村田綾子訳

公開日: 更新日:

 世界を圧倒し続けてきたアメリカ経済。しかし、大学の学位を取得していない大半の人の賃金中央値は、1979年から大幅に下がっている。本書では、「ニューヨーク・タイムズ」紙の特派員としてピュリツァー賞を2度も受賞した著者らが、“大国・アメリカ”で貧困にあえぐ労働者階級の実態をリポート。激しい格差と分断を明らかにしている。

 アメリカ人は愛国心が強く、祖国が豊かさとチャンスに満ちていると信じたがるが、その自信は思い込みでしかない。例えば、アメリカでは毎年約6万8000人が薬物の過剰摂取で命を落とし、4万7000人が自殺している。そしてほとんどの先進国で平均寿命は延びているのに、アメリカでは3年連続で短くなっている。

 本書では、著者のひとりが育ちアメリカの労働者階級の課題が凝縮されたようなオレゴン州ヤルヒムにもスポットを当てている。同じスクールバスで通学した同級生たちは今、薬物やアルコール、病気、無謀な事故、そして自殺などにより、4人に1人がこの世を去っているという。これらの事実を突きつけても、ごくわずかな富裕層は首をすくめるだけで、むしろ犠牲者を非難する。

 アメリカの労働者階級の苦しみは避けられないものではなかったはずだが、政府は労働者よりも資本の側につくことが多すぎた。そして組合を弱体化させ、低熟練労働者の賃金は強力に下げてきた。とても先進国のものとは思えない話の連続だが、富裕層の資産が天井知らずに増えていく一方で、驚くほど多くの人が見捨てられているアメリカの実態は、日本の近い未来とも重なる。

 労働者階級の“絶望死”は、決して他人事ではない。

(朝日新聞出版 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

人気キーワード