北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「マウンテンガールズ・フォーエバー」鈴木みき著

公開日: 更新日:

 登山をモチーフにした作品集だ。5編の主人公はすべて女性である。高校生から専業主婦、アラサーの派遣女子まで、さまざまな女性が登場して山との関係が描かれていく。

 どの短編も読ませるが、ここでは「クライミングジム・シンデレラ」をとりあげておきたい。語り手である二階敏子は、週に最低1回(多いときは4回)ジムに通っている。学生時代はワンダーフォーゲル部に所属していた敏子は、自宅から車で20分のところにあるジムに通ってストレスを発散している。この50代の専業主婦の鬱屈した日々が描かれていくのだが、威圧的な夫との静かな生活が絶妙に描かれていて、なかなかにうまい。

 42歳の志村千穂が山岳会の仲間と八ヶ岳に行く「ザイル・パートナー」で、年下の亨との会話に(千穂は会社の後輩にプロポーズされるからモテモテなのだが、実は亨を意識している。おお、どうなるんだ)、この二階敏子の名前が出てくる。「二階女史も来ればよかったのに」と言う亨に、「二階さんは、昔ワンゲルの後輩が八ヶ岳で亡くなったとかで、それから八ヶ岳には行けないんだって。昨日ジムで言ってました」と志村千穂が答える場面だ。

 その八ヶ岳で亡くなった後輩の娘が語り手になるのが「母がいた八ヶ岳」。このように、微妙に重なってつながっていく趣向もいい。

 これが初の小説ということだが、構成も造形も描写もいいのでぜひおすすめしたい。

 (エイアンドエフ 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日